お歳暮・お中元の熨斗(のし)の名前なしは失礼?夫婦は連名にした方がいい?

お歳暮・お中元の熨斗(のし)の名前なしは失礼?夫婦は連名にした方がいい?

熨斗

 

いざ、お歳暮・お中元を贈ろうと思っても、肝心の熨斗(のし)をどうすればいいか迷ってしまいますよね。熨斗の名前は書いたほうがいいのか?夫婦は連名にしたほうがいいのか?疑問が湧いてきます。

 

お歳暮・お中元は、感謝の気持ちを伝えるもののため、そこに失礼があってはいけません。熨斗の正しい書き方を知って、しっかりとしたお歳暮・お中元を贈るようにしましょう!

 

 

お歳暮・お中元の熨斗に名前なしでも良い?

 

熨斗

 

お歳暮・お中元に熨斗を付けて、そこに『名前を入れるかどうかは自由』です。必ず名前を入れなければならない、という決まりはありません。

 

名前が書かれていなくても、手渡しであれば分かりますし、輸送であっても送り状で誰からのものかは分かるのです。といっても、顔の広い人であれば、多くの人からお歳暮・お中元が贈られてくるかと思うので、熨斗に名前を書いたほうが相手方に親切でしょう。

 

地域によっては、熨斗に名前がないのは『縁切り』の意味があったりもするため、名前を入れておけば間違いはないでしょう。

 

お歳暮・お中元の熨斗は夫婦連名にした方がいい?

 

熨斗

 

お歳暮・お中元の熨斗には、名前を書いたほうが間違いがなく親切です。では、その名前はどのように書けばいいのかという疑問がありますよね。

 

熨斗に書く名前は、基本的に『送り主の名前をフルネームで書く』と覚えておきましょう。そして、連名の場合は、目上の方を右側に書きます。

 

そのため、ご主人の顔を立てる意味も込めて、『ご主人の名前をフルネーム』で書きます。両親や親戚に贈る際、名字だけだと区別がつかなくなるため、フルネームで書くべきですね。

 

夫婦共通の知人へ贈る場合でも、基本的にご主人の名前のみ書きます。夫婦連名はいけないのかというと、友人や親しい知人などの場合は夫婦連名でもかまいません。この際も、ご主人のフルネームを右側に書くようにして、左側に奥さんの名前の部分を書きます。

 

複数人で贈る際、上下関係がない場合は、五十音順で書きます。4名以上で書ききれない場合は、代表者の名前の左に、『他一同』と書き添えます。

 

目下の人に贈る際は、名字だけでも良かったりしますが、フルネームで書いたほうが誰から贈られたか分かるため親切ですよ。

 

『うなぎ通販』は熨斗(のし)を付けて贈ることができます!

 

うなぎ

 

お歳暮・お中元の熨斗の書き方には、いろんな決まりがあり、これは地域によっても変わってきたりします。なかなか面倒かもしれませんが、しっかり書かないと失礼になってしまいます。

 

スーパーや百貨店などでも熨斗の対応をしていますが、贈る度に出向かないとならなくて大変かと思います。ですが、『うなぎ通販』であればネットで注文するだけで、国産高級うなぎに熨斗を付けて贈ってもらうことができます。

 

"うなぎ"は、とても栄養価が高くて、が大好物という方も多くて人気があります。ですが、高級食材のため、普段なかなか手を出すことができないんですよね。そんな、うなぎをお歳暮・お中元で贈れば、絶対に喜ばれること間違いなしです!

 

↓こちらに『うなぎ通販』の人気店舗ランキングがありますので、ぜひ参考にして注文してみて下さい!

 

>>"うなぎ"が好き過ぎる管理人が選ぶ!『うなぎ通販』おすすめ人気店舗ランキング!!